こんにちは!

今回は、プロテインの中でも有名なザバスDNSプロテインホエイ100の2つの商品を価格や成分、口コミから比較しました!

プロテインに興味がある方はぜひ参考にしてみてください。では、さっそく見ていきましょう。

 

ザバスとDNS プロテインホエイ100の価格比較

まずは、ザバスとDNSプロテインの価格を紹介します。

 

商品名 回数/価格 一回あたりのコスト
ザバス ホエイプロテイン100 ココア味 50回/3,925円 78円
DNS プロテインホエイ100 チョコレート風味 30回/3,402円 113円

※価格はAmazonのメーカー公式ストアを参照

 

プロテインの量は同じ1kgですが、一回の量はDNSは約33gザバスは約21gなので全体の回数に大きく差が出ました

 

そのため、一回あたりのコストも30円ほど開きました

 

ザバスとDNS プロテインホエイ100の含まれている成分を比較

ザバスプロテインの成分

次にザバスプロテインに含まれる成分やフレーバーを紹介します。

 

エネルギー 83kcal ナイアシン 7.4~15.0mg
たんぱく質 15.0g ビタミンB6 0.64mg
脂質 1.3g 葉酸 87~270㎍
炭水化物 2.7g ビタミンB12 0.6~3.3㎍
食塩相当量 0.19~0.37g パントテン酸 0.62mg
ビタミンB1 0.87mg ビタミンC 88mg
ビタミンB2 0.93mg

 

原材料名 乳清たんぱく、ココアパウダー、デキストリン、植物油脂、食塩/乳化剤、V.C、香料、増粘剤(プルラン)、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、ナイアシン、V.B2、V.B1、V.B6、パントテン酸Ca、葉酸、V.B12、(一部に乳成分、大豆を含む)

 

ザバスのフレーバーまとめ ココア、バニラ、リッチショコラ、香るミルク風味、チョコレート、カフェオレ、グレープフルーツ風味(無果汁)、アセロラ風味(無果汁)、ヨーグルト風味、チョコレート風味、ミルクティー風味

 

ザバスには、プロテインのほかにも不足しがちな7種類のビタミンB群や、ビタミンCを配合していますたんぱく質を体内に吸収するにはビタミンB6など、ビタミンB群の働きが必要になるため、一緒に摂取するとスムーズに吸収されるでしょう。また、筋力トレーニングなど運動をすると一次的に免疫力が下がるので、免疫力を向上させる働きのあるビタミンCを摂取すると毎日元気に過ごせます。

 

フレーバーは定番のココアやバニラの他にも、グレープフルーツ風味やアセロラ風味も展開していますので、好みや気分に合わせて選べます。

 

DNS プロテインホエイ100の成分

今度はDNSのプロテインに配合されている成分やフレーバーを紹介します。

 

エネルギー 132kcal 炭水化物 3.2g
たんぱく質 24.6g 食塩相当量 0.2g
脂質 2.3g

 

原材料名 ホエイたんぱく、ココアパウダー、食塩、酵母エキス、乳清ミネラル、乳化剤、香料、甘味料(スクラロース、アセスルファムK、ネオテーム)(一部に乳成分、大豆を含む)

 

DNSのフレーバーまとめ チョコレート風味、ストロベリー風味、バニラ風味、カフェオレ風味、抹茶風味、レモン風味、マンゴー風味、バナナ風味、レモン風味、ラムネ風味、ホワイトチョコ風味

 

DNSのプロテインはビタミンなど入っていないシンプルなタイプです。そのため、たんぱく質保有量は75%と高たんぱくといえます。純粋なたんぱく質補給に適しており、効率的な身体づくりに役立つでしょう。

 

また、DNSの特徴はフレーバーが豊富なことです。定番のチョコレート・バニラ風味以外にも、抹茶やマンゴーなどさまざまなフレーバーがあり、飽きずに摂取できます。

さらに、季節限定限定フレーバーも展開しており、ラムネ味は販売を開始してから1週間で完売したほど人気のフレーバーで有名です。その美味しさにプロ野球選手のダルビッシュ有さん絶賛したそうです

 

現在は、ゆずジンジャー風味が冬季限定で販売されています。継続するうえでも美味しいことは重要といえるでしょう。

 

ザバスとDNS プロテインホエイ100の口コミ比較

ザバスの口コミ

『良い口コミ』

ビタミン類が配合されたプロテインは他メーカーでも展開していますが、ビタミンC含有量はザバスが圧倒的に多いです。一人暮らしの学生でも簡単に栄養が摂取でき、おすすめです。また、国産メーカーなので安心感があります。

プロテインを飲む前に比べて筋肉がつきやすくなった気もします。

ココア味

ザバスを試す前はプロテインはもっと不味いものというイメージがありましたが、非常に飲みやすく、飲むことが苦痛になりません

たまに味に飽きたときは、牛乳を入れて飲むとデザートのようになって贅沢な気分になります。

チョコレート味

初心者トレーニーですので効果はよくわかりませんが、味は甘味があり、水だけでも十分美味しくいただけます。泡立ちも少なく、しっかりシェイクできます。濃くて甘い味が好みの人におすすめです。

アセロラ風味

アセロラ風味の爽やかな酸味がジュースを飲んでいる感覚でゴクゴク飲めます。プロテイン独特な味が苦手な方でもこれなら大丈夫かもしれません。

個人的にはトレーニング直後は甘ったるいチョコ味は飲みたくないので、これしかない!って感じです。クエン酸が多く配合されていることもあり、トレーニング直後に飲むと翌日以降の疲労感が他のプロテインと全然違います

ソイプロテインと比べると炭水化物が多め(0.9g 対 5.6g)なのが少し気になりますが、夏の間はこれを飲んでみようと思います。

 

『悪い口コミ』

袋のチャック部分が非常に閉めずらく、開いたままになっていることが多々あります。しかたないので他容器に移し替えたら溢れまくって大惨事になりました。
一食あたりの値段や値段あたりのたんぱく質量では多少見劣りします

バニラ味

どこにでもあるバニラアイスを想像していましたが、期待をかなり裏切られました

水で溶かす際は100~150ccにスプーン3杯(説明書より濃いめ)で飲んでいます。
でも牛乳で溶かせば美味しいです。なので牛乳派の人にはおすすめします。

香るミルク風味
ホエイプロテインのバニラ風味はかなりハズレであると感じました。味がとにかく甘く、癖があります。またシェイカーを用い牛乳や水で割って飲んでいるのですが、どれだけしっかり振ってもダマが残り非常に飲みづらいです。ホエイプロテインは他のメーカーの物を飲みたいと思います。

 

 

DNS の口コミ

『良い口コミ』

プロテインの一番の目的はたんぱく質の摂取にあると私は考えています。その点、こちらの商品は1食当たり24g以上のたんぱく質を摂取できるのは非常に助かります。

今までザバスのプロテインを飲んでいましたが価格とプロテイン含有量を考えてこちらを購入してみました。水に溶けやすくザバスよりもおいしく感じました。

チョコレート味

水に溶けやすく、味もおいしく、また余計なものが入っていない点もGoodです。
ジムに行くと分かりますが、多くの人がこのDNSシリーズを飲んでいます。

少しお高めですが、その効果はあります!

定期購買しています。味も充分美味しいです。ジムのトレーナーに推薦されて飲み始めましたが、体重も減少して満足しています。

バナナ味

水で割っても美味しく飲め、冷たい水で割ってもダマになりにくいです。
某国産メーカーよりも、そのあたりが良いですね。味もバナナ味は非常に飲みやすく、おすすめです。

マンゴー味

飲みやすく、ほとんどダマにならないのがいいです。
味も全然プロテイン!!!って感じではなく、飲みやすいです。マンゴー味といよりミルキーマンゴー的な感じに思えました。

ただ、表記通りの分量で溶かすとちょっと薄味なので、水で溶かす人は少し水の量を少なめにした方がいいかなと思います。オレンジジュースなどで割るにはいいのかもしれませんね。

最近では、水100、オレンジジュース100にしてみたり、ヨーグルトや、前日からふやかしておいたチアシードを混ぜて飲んでいます。

抹茶味

水で溶いたら抹茶ラテのようなまろやかな味がします。甘さもくどくなく、とても美味しかったです。抹茶味が好きな方なら抵抗なく飲めると思います。

抹茶味は冒険で恐々と飲んでみましたが、とても美味しいです。牛乳で割って飲んでいますが、抹茶オレの味です。プロテイン感は若干ありますが、プロテインの中ではすごく美味しい部類に入ります。泡が立たず溶けやすく、なめらかで飲みやすかったです。

 

『悪い口コミ』

味はいいけど高いから、また購入しようとは思わないのが本音ですかね。

届いた商品の袋が酷く傷んでいて、破れている箇所があり、空気が漏れていた。ヒドい管理だ。

チョコレート味

前にバニラ味を購入し、とてもよかったので今回はチョコレート味を購入しました。
牛乳との相性はよかったのですが、豆乳とは相性が悪く、とても溶けづらかったです。

マンゴー味

少し胃にもたれる感じで、便秘気味になる。牛乳で割って飲むと美味しくいただけました。

 

 

口コミのまとめ

『ザバス』

  • ビタミンが摂取できるのは嬉しい
  • ココアやアクアは美味しい
  • 国産メーカーなので安心できる
  • バニラ系は水では美味しくない
  • ダマになりやすいテイストがある

 

ザバスのプロテインにはビタミンCは86mg含まれています。これは成人が一日に摂取するべき量100mg(2015年版食事摂取基準)のほとんどをカバーしているといえます。また、アクアなどにはクエン酸も含まれているので、運動後に摂取すると次の日に疲れを残しづらくなるでしょう。プロテインを飲みながら体に必要な栄養も摂取できるのは便利ですね。

 

また、ザバスは株式会社明治が展開するブランドです。厳しい品質管理の元、国内で製造しており安全を保証しています。35年以上もの間販売を続け、さまざまなトップアスリートにも選ばれ続けていることからも高品質を安心できるでしょう。

 

ただ、プロテインの種類によってはダマになりやすかったり、美味しくなくて飲めないという口コミも多数ありました。

 

DNS

  • たんぱく質保有量が多い
  • 他のメーカーより美味しいと感じる人が多い
  • 好みではないが捨てるほど飲めなくはない
  • 他のメーカーより値段が高め
  • 必ずしもではないが袋が破れていたこともある

 

 

DNSはホエイたんぱくなどたんぱく質以外の成分は極力含まれていないことから、たんぱく質保有量が多いです。やはり、プロテインを摂取する目的はたんぱく質を補給することなので、効率的に取ることができます。

 

また、口コミの中でも味が美味しいと感じる人が多くいました。もちろん、それぞれ好みはあるでしょうが、日本人にも飲みやすいよう研究して作られたテイストであることが見受けられます。

 

また、袋が破れていたという口コミがありました。DNSでは、商品を国内工場で生産し安全に努めています。商品自体は問題ないようですが、運搬の段階でトラブルが起こったのかもしれません。

 

そういった口コミはほとんどありませんでしたが、可能性がないとはいいきれません。もしAmazonなどネットショッピングサイトを利用して破れている商品が届いた場合は、カスタマーサービスに問い合わせて返品・交換手続きをしてもらいましょう

 

飲みやすいのはどっち?

ザバスとDNSの2つの中では、DNSプロテインが飲みやすいといえるでしょう。DNSはどのフレーバーのプロテインであっても「美味しい」というレビューが多くありました。

 

筋肉をつけたいと考えプロテインを摂取しても、即効性はないため継続する必要があります。しかし、どうしても飲みづらかったり、美味しくないと続けられません。

DNSは「継続して飲む」ことをコンセプトとしてプロテインを展開しています。味に徹底的にこだわり作っているため乳の臭みがなく飲みやすく仕上げています。

また、ずっと飲んでいると飽きてくることがありますが、現在は11種類ものフレーバーから好きなテイストを選ぶことができます。そのため、毎日飲んでも飽きのこない飲み口といえます。

 

続けやすいのはどっち?

プロテインを続けて飲むために重要なポイントには味と金額が挙げられます。それぞれの目的に合わせて無理なく続けられるものを選んでください

 

味はDNSをおすすめします。また、ザバスとDNSは、1kgタイプ以外にもサイズ展開をしているので、まずは少ないタイプを選んで好みの味を見つけてみましょう。

 

価格に関しては今回はAmazonを参考に値段を算出しました。それぞれ、値段は大きく変わりませんでしたが、本来の本体価格はザバスは5,994 円、DNSは4,860円です。

ザバスの方が1000円ほど高いので、割引にならない限りDNSの方がお得といえます。ただ、ザバスの方が全体の回数が多く使用できるので、コスパがいいです

また、ザバスは店頭や通販サイトで広く販売しているため、手に入りやすく、競争原理から値段も下がりやすいのでしょう。Amazonではザバスプロテインのセールも比較的多く開催さいています。

 

このようにネットショッピングサイトでお買い物する場合、店頭で販売しているものより安い傾向にありますが、価格は変動することも多いので都度確認してみてください

 

まとめ

ザバスとDNSプロテインをについてご紹介しました。

 

今回ザバスとDNSを比較した結果、下記の内容になりました。

  • ザバスはビタミンやクエン酸などプラスαの栄養が摂取できる
  • DNSはたんぱく質保有量が多い
  • ザバスは全体の回数が多く、1回あたりのコストが安い
  • DNSのプロテインは泡立ちにくく、どのフレーバーも美味しいことが多い
  • どちらも安心の国産製造
どちらか一方が優れているわけではないので、好みや用途に合わせて日々の食生活にプロテインを取り入れ、体づくりに役立ててみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。