こんにちは!

今回は、ザバスウイダープロテインの価格、成分、口コミを徹底比較していきます!

 

ザバスとウィダーマッスルフィットの価格比較

筋トレをしているとプロテインとは長年の付き合いになるので、少しでも出費を抑えたいですよね。

まずはザバスのホエイプロテインとウイダーマッスルフィットの価格を比較していきます。

 

商品名 回数/価格 1回あたりのコスト
ザバス ホエイプロテイン ココア味 50回/4080円 81.6円
ザバス ソイプロテイン  ココア味 50回/3605円 72.1円
ウイダー マッスルフィット プロテイン ココア味 45回/3509円 77.9円
ウイダー おいしい大豆プロテイン コーヒー味 40回/2700円 67.5円

※価格はAmazonのメーカー公式ストアを参照

 

ザバスとウイダーのホエイプロテイン、ソイプロテインで一番人気のフレーバーを比較しました。

1回あたりのコストはホエイとソイ、どちらもウイダーの方が安いようですね。

 

Amazonで「プロテイン」と検索すると、ザバスの方が早く検索にヒットしますよね。

一見、「ザバスの方がお買い得なのかな?」と思うかもしれませんが、実はウイダーの方がコスパが良いということがわかりました。

 

あまり人気が無いフレーバーにはありませんが、ココア味やバニラ味などの人気のフレーバーには、大容量のサイズが用意されています。

セールやAmazon定期おトク便を利用しない場合、大容量のほうがコスパが良い時があるので、購入ボタンを押す前に別のサイズもチェックしてみてください。

 

実は筆者、現在もザバスのホエイプロテイン バニラ味を飲んでいるのですが、ウイダープロテインの安さを知ってしまい、一瞬乗り換えようか迷いました。

しかし、ザバスのホエイプロテインにはウイダーのホエイプロテインに無い魅力があるので、今後もザバスを飲む予定です。

 

次の項目は成分の比較になりますが、そこで『ザバスだけの魅力』についてお話します。

 

ザバスとマッスルフィットの含まれている成分を比較

ザバスやウイダーのプロテインには、目的別にいろいろなタイプのプロテインがありますよね。

その中でも、主要であるホエイプロテインとソイプロテインの、1食あたりの成分を比較していきます。

成分表の次に、フレーバーもまとめているので、よろしければご覧ください。

 

ザバスプロテインの成分

ホエイプロテイン(ココア味)

エネルギー 83kcal ナイアシン 7.4~15.0mg
たんぱく質 15.0g ビタミンB6 0.64mg
脂質 1.3g 葉酸 87~270㎍
炭水化物 2.7g ビタミンB12 0.6~3.3㎍
食塩相当量 0.19~0.37g パントテン酸 0.62mg
ビタミンB1 0.87mg ビタミンC 88mg
ビタミンB2 0.93mg

 

原材料名 乳清たんぱく、ココアパウダー、デキストリン、植物油脂、食塩/乳化剤、V.C、香料、増粘剤(プルラン)、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、ナイアシン、V.B2、V.B1、V.B6、パントテン酸Ca、葉酸、V.B12、(一部に乳成分、大豆を含む)

 

ソイプロテイン

エネルギー 79kcal ナイアシン 7.8mg
たんぱく質 15.0g ビタミンB6 0.64mg
脂質 1.0g 葉酸 96㎍
炭水化物 2.6g ビタミンB12 0.2㎍
食塩相当量 0.66g パントテン酸 0.62mg
ビタミンB1 0.87mg ビタミンC 88mg
ビタミンB2 0.93mg

 

原材料名 脱脂大豆たんぱく、デキストリン、ココアパウダー、植物油脂、食塩/乳化剤、V.C、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース、アセスルファムK)、香料、ナイアシン、V.B2、V.B1、V.B6、パントテン酸Ca、葉酸、V.B12、(一部に大豆を含む)

 

ザバスのフレーバーまとめ ココア、バニラ、リッチショコラ、香るミルク風味、チョコレート、カフェオレ、グレープフルーツ風味(無果汁)、アセロラ風味(無果汁)、ヨーグルト風味、チョコレート風味、ミルクティー風味

 

ウイダープロテインの成分

マッスルフィットプロテイン ココア味(ホエイ、カゼイン)

エネルギー 75kcal ビタミンB6 0.46mg
たんぱく質 14.2g ビタミンB12 0.8~3.6mg
脂質 0.2~1.2g ナイアシン 8.0mg
炭水化物 3.0g 葉酸 80㎍
ナトリウム 45~75mg パントテン酸 2.4mg
カルシウム 300mg グルタミン酸 3000mg
3.6mg 遊離グルタミン 26mg

 

原材料名 ホエイたんぱく(乳成分を含む)、カゼインカルシウム、ココアパウダー、砂糖、食用油脂、ブドウ糖、炭酸Ca、乳化剤、酵素処理ルチン、グルタミン、香料(大豆由来)、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース)、ピロリン酸鉄、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B6、V.B2、V.B1、葉酸、V.B12

 

おいしい大豆プロテイン コーヒー味(ソイ)

エネルギー 72kcal パントテン酸 2.4mg
たんぱく質 10.0g ビタミンB1 0.46mg
脂質 0.2~0.7g ビタミンB2 0.54mg
炭水化物 7.0g ビタミンB6 0.46mg
食塩相当量 0.22~0.51g ビタミンB12 0.8~3.6㎍
カルシウム 210mg ビタミンD 2.0㎍
ナイアシン 7.0mg 葉酸 80㎍

 

原材料名 大豆たんぱく、砂糖、インスタントコーヒー、カラメルパウダー、食用油脂/炭酸Ca、香料、乳化剤、貝Ca、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B6、V.B2、V.B1、葉酸、V.D、V.B12(一部に乳成分・大豆を含む)

 

ウイダーのフレーバーまとめ オレンジ味、カフェオレ味、コーヒー味、バニラ味、ココア味、ピーチ味、ココア味、バニラ、フルーツミックス、ヨーグルトドリンク味

 

ザバスプロテインにはホエイ、ソイ、どちらにもビタミンCが含まれていることが特徴です。

ビタミンCは、筋肉を合成する上で直接的な関りはありませんが、抗酸化作用があります。

筋トレで生み出された乳酸などの酸化ストレスから身を守るので、ビタミンCは健康体を維持するために、とても重要な役割があります。

 

ウイダーのマッスルフィットにはグルタミン酸、遊離グルタミンが含まれていることが特徴です。

グルタミン酸は旨味成分、疲労回復効果があり、遊離グルタミンは筋肉分解(カタボリック)の抑制効果があります。

スポーツや肉体労働をしながら、筋トレに取り組んでいる方にオススメの成分です。

 

 

ザバスだけの魅力

サバスのホエイプロテインの魅力は何といっても一食当たり15gのタンパク質とマルチビタミンです。

 

ザバスのバニラ味は牛乳200mlに溶かすことで、甘い口当たりになり、タンパク質を約20gに調整できます。

配分としては、3スクープ+牛乳200ml+水50mlにするとダマになりにくいのでオススメです。

 

 

筆者はバニラ味が好みなのでマルチビタミンとバランスの良いタンパク質を摂れるザバスプロテインを愛飲しています。

「バニラ味でビタミンも摂れるプロテインは他にもあるよ?」という、意見があるかもしれません。

確かにその通りなのですが、なぜ筆者はザバスのバニラ味にこだわっているのか、その理由を解説します。

 

まず、ウイダーのマッスルフィット バニラ味。

これは7種のビタミンが配合されていますが、ビタミンCが含まれていません。

グルタミン酸や遊離グルタミンの疲労回復効果とカタボリック対策は魅力ですが、これは生活習慣でカバーできるので筆者はザバスを優先しました。

 

次に、FIXITのホエイプロテイン バニラ味。

これはAmazonのメーカー公式ストア価格で、1回あたりのコストが約120円と割高。

ビタミンが全く含まれていなかったので除外しました。

 

DnS、バルクアップ、アミノバイタルのバニラ味もビタミンが含まれておらず、味が近いビーレジェンドのミルキー風味はビタミンCとビタミンB6の2種のみ。

 

ザバスのホエイプロテイン バニラ味は、マルチビタミンの種類がバニラフレーバーの中でナンバーワンなんです。

なにより、メーカーが明治なので美味しい!

(一時期、ココア味も飲んでいましたが、バニラ味の甘さがクセになり、現在は、バニラ味一択です)

バニラ好きの方にはザバスを強くオススメします。

 

 

ザバスとマッスルフィットの口コミ比較

ザバスの口コミ 

 

良い口コミ

ココア味

味も価格も文句なしです。

ビタミンが揃っているのがいいですね。水に溶かしたら薄い味なので、牛乳に溶かして飲んでいます。

水で飲んで味がイマイチに感じる人は牛乳で飲んでみては?

バニラ味

ココア味からバニラ味に乗り換えました。

私は水に溶かして飲んでいるのですが、牛乳と比べてサラッとしたのど越しで飲みやすいです。

私的にはココアの方が甘いかなぁ…。朝の栄養補給に持ってこいです。

筋トレしない人でも、栄養補給に使えるのでおすすめです。

 

リッチショコラ味

ビタミンCの含有量が群を抜いていますね。

他のサプリメントとかで、栄養を調整する手間が無いのがGOODです。

お菓子でおなじみの明治による国産プロテインなので安心して飲めます。

コスパを考えれば海外メーカーの方が良いですが、品質とサポート成分が優れているので、私はザバスを飲み続けています。

バナナ味

バニラ、ココア、リッチショコラなど一通り試しましたが、バナナが一番好みです。

キメが細かいのでダマになりにくい点も◎

食事と一緒に飲むと、たっぷり栄養を補えるので重宝しています。

他フレーバーのレビューを見ると、「ダマになる」という声を結構見かけるので、サラりと飲みたい人はバナナを試してみてはいかがでしょうか?

牛乳に溶かすと、バナナオレ感覚になるので、とても美味しいですよ。 

グレープフルーツ風味

スッキリした飲みやすさです。

トレーニングの後は甘い物をあまり飲みたくないので、自分にぴったりでした。

クエン酸が含まれているので、疲労回復もバッチリです。

海外のプロテインを飲んでいた時は、トレーニング後の疲労感がハンパなかったなぁ…。

他の甘いフレーバーに飽きた人に超絶おすすめです。

 

悪い口コミ

ココア味

自分にはあまり会いませんね。

薄いというか、なんというか…。次回は水じゃなく牛乳でチャレンジしてみます。

バニラ味

ヨーグルト風味、チョコレート風味、ココア風味。

いろいろ試しましたがバニラはハズレですね。甘ったるいのが好みじゃありません。

甘党の人には良いのかも。

チョコレート風味

うーん、飲みにくい。

ホエイプロテインよりも粉っぽいので喉を全然通りません。水分を増やしても粉っぽいです。

ブレンダーを使わないとダメなのかな?

 

マッスルフィットの口コミ

良い口コミ

ココア味

いやぁ、上手いです。

森永製菓のプロテインなので味はお墨付き。ザバスも同じお菓子メーカーなのですが、私はこっち派ですね。

ちょいとダマになる感じはありますが、飲む回数を重ねて水分量を調整しようと思います。

お徳用サイズが欲しいレベルです。

 

コーヒー味

エネルギーの補給にいいですね。

会社の休憩時間に飲むと、午後の仕事のエネルギーになります。植物由来のタンパク質なためか、お腹の調子も良くなりました。

なんとなく一日の疲れも取れやすくなりました。

いろんな味を試そうと思います。

バニラ味

甘い物好きの私にはこれが一番合っていました。

ココア味も良いのですが、苦味があまり好きじゃないのでバニラにしました。シェイクしてもほとんど泡がたたないのがいいですね。

グルタミンも入っているのでプロテイン初心者におすすめです。

美味しいのに栄養価が高いって最高ですね。

カフェオレ味

食品だけではきんにくが増えにくくなってきたので購入しました。

飲む前より目に見えて筋肉量が増えたので買って大正解です。味もカフェオレそのままなので美味しいです。

牛乳と一緒に飲むと甘さがプラスされるのでお気に入りです。

水だとちょっと微妙かな?

バニラ味

コスパが良いのでマッスルフィットを購入しています。

タンパク質以外の栄養素も豊富に含まれているので、食事のお供にも飲んでいます。牛乳に混ぜているひとが結構いらっしゃいますが、豆乳に混ぜて飲むのもアリですよ。

他の味に比べて全然泡立たないので飲みやすいです。

国産プロテインでコスパも味も良いのを求めたらこれですね。

悪い口コミ

バニラ味

Amazonの定期便で購入していたんですが、3060円から3672円に値上がりしたので、別の商品に買えました。

原材料の価格が高騰?評判が良くなったから?

味が気に入ってたのに残念です。

ココア味
リニューアルしてから味が激変しましたね。

とにかく変なにおいがします。

別のフレーバーに変えようと思います。

コーヒー味

味は結構いい感じです。

しかし、如何せん溶けにくいですね。牛乳だと溶けにくかったので、水を多めに入れて溶かしています。

 

 

口コミのまとめ

ザバス

  • マルチビタミンが豊富なので、サプリメント要らず
  • 国産のお菓子メーカーが作っているので美味しい
  • 品質とサポート成分は国産プロテイン随一
  • ちょっとお値段が張る
  • 甘すぎるフレーバーが多い

ザバスプロテインの魅力はなんといってもマルチビタミンですよね。

口コミの中にもマルチビタミンの高評価がとても多くありました。

プロテイン以外のサプリメントを買わない人にはありがたい内容です。

 

お菓子メーカーの明治ということもあり、品質がとても良いです。

海外メーカーだと「届いたダンボールの中で中身が漏れてた」なんてトラブルがたまにありますが、大手国産メーカーなのでトラブルの心配もありません。

 

ただし、品質が良い分お値段は少し高めです。

と言っても、マルチビタミンが含まれていない安いプロテインを買って、ビタミンをサプリメントで補う事を考えたら、費用対効果は高いと思います。

 

ザバスプロテインのレビューを見ていると、味が薄い派と味が濃い派に意見わかれていますよね。

それはおそらく水だと薄い味、牛乳だと甘みが強いということだと思います。

筆者はココア味とバニラ味をどちらも水と牛乳で飲んだことがありますが、

 

水で溶かしたココア味 薄い味
牛乳で溶かしたココア味 ほどよい甘さ
水で溶かしたバニラ味 薄い味
牛乳で溶かしたバニラ味 かなり甘い

という印象だったので、これが薄い派と濃い派にわかれる原因だと予想されます。

牛乳で溶かしたバニラ味は「バニラアイスを液体化したような甘さ」になるので、甘党にとっては好まれますが、人によっては好まれないかもしれません。

 

 

ウイダー

  • 疲れがとれやすいのでコンディションが良くなる
  • 泡立ちにくいので飲みやすい
  • グルタミンが多く初心者にオススメ
  • リニューアルしてから味が変わった
  • 溶けにくい味がある

 

疲れが取れやすいのは社会人や運動部の学生にとってありがたいメリットですね。

疲れが取れやすくなることで、次のトレーニングにも挑みやすくなりますし、健康維持、モチベーションアップにも繋がります。

 

毎日飲むとなると、泡立ちにくさは大事になってきますよね。

泡立っているプロテインは飲みにくいですし、気泡を飲み込むことでおならの回数も増えちゃいます。

ホエイプロテインの場合、動物性たんぱく質を摂取する→おならが臭くなる→気泡を飲み込む→おならの回数が増える、という悪循環が出来てしまうので、泡立ちにくさって実はとても大事なんです。

 

グルタミンは筋トレの大敵、カタボリックを抑制することが出来るので、これも非常に重要です。

自己管理が出来ても、ハードトレーニングとなると、カタボリックと隣り合わせのような体調管理になるので、初心者から上級者まで幅広く喜ばれるメリットです。

 

「リニューアルしてから味が変わった」という低評価が目立っていました。

ただ、味が変わったという口コミ以降に投稿されたものには、味に問題が無く高評価をつけているレビューもありました。

メーカーが意図的に変更したのか、それとも配分を間違えたロットがあるのか、原因は定かではありませんが気になるところです。

 

 

「溶けにくい」という意見もよく見かけますよね。

せっかくなのでプロテインを溶けやすくする方法をご紹介します。

 

プロテインが溶けやすくなる方法

  1. メッシュのカバーがついたシェイカーを使う
  2. ブレンダーを入れる
  3. 先に水or牛乳を入れる
  4. その後にプロテインを入れる
  5. すぐにシェイクする

 

これでたいていの場合は溶けやすくなるかと思います。

円柱型の簡易プロテインシェイカーと違って、フタの形が丸くなっているメッシュカバーは、少しだけプロテインの混ざりが良くなります。

 

初心者がやりがちなのは、先にプロテインを入れるという間違いです。

先にプロテインを入れると、底に張り付きやすくなるので、プロテインは後に入れるようにすることをおすすめします。

もちろん、フレーバーによって水分量を調整するのは忘れないでくださいね。

 

飲みやすいのはどっち?

飲みやすさを重視するとザバスプロテインです。

ザバスプロテインには飲みやすさを追求した水専用のプロテインがあります。

他のプロテインでは使われていない製法で作られているので詳しく解説します。

 

飲みやすさを追求『アクアホエイプロテイン』

アクアホエイプロテインはその名の通りアクア製法が使われています。

アクア製法とは生産過程で脱臭を行う事によって、乳清の臭みを除去する製法です。

※大豆の場合、この限りではありません

 

アクアホエイプロテインは乳清の臭みを取り除き、酸味の強いフレッシュな味を採用しています。

ホエイプロテイン特有の『乳臭さ』を取り除くことで、運動後のプロテインを、まるでポカリスエットやアクエリアスのような感覚で摂取することを可能にしました。

この製法はザバス以外のプロテインメーカーでは使われていないので、唯一無二のプロテインと言えます。

 

味はグレープフルーツやアセロラと言った、他のプロテインではなかなか扱われないフレーバーになっており、その飲みやすさはまさにスポーツドリンクそのものです。

ここまで飲みやすさにこだわったプロテインはウイダーでは扱われていないので、飲みやすさではザバスに軍配が上がりました。

 

飲みやすさを考える上では、味の評価も気になるところです。

しかし、フレーバーごとにレビューを見比べると、味の好評と悪評の比率はどれも似たり寄ったりなので、個人差程度のものだと思った方が無難です。

 

※こちらのリンクはアクアホエイプロテインの通販へ繋がっています。

続けやすいのはどっち?

プロテインの続けやすさはコスパと、自分の好みの味か、自分の用途に合っているかが大事です。

ザバスとウイダーどちらの方がとは言えませんが、目的と好みと予算がマッチしたものが続けやすいと言えます。

 

Amazonでは特に、価格の変動が激しいので、一概にどちらがコスパが良いとは言い切れません。

先述にある、ウイダーの口コミにも「3060円から3672円に値上がりした」という意見がありましたので、今回の価格比較ではウイダーが安値になりましたが、数か月後にはAmazonの方が安くなってる可能性もあります。

 

コスパを前提にどのプロテインを買うか悩んでいる時は、その都度メーカーによって価格を比べると良いと思います。

そうすることで、意外なセール商品に巡り合えるかもしれませんよ?

 

自分の好みの味については、自分で買って確かめるしかありません。

同じフレーバーでもメーカーが違うだけで、甘みの強さが全然違ったりします。

ザバスでは一袋10.5gのお試しサイズが販売されているので、まずはそちらを利用するのがおすすめです。

 

さらにウイダーのプロテインパウダーは7種類、ザバスのプロテインパウダーは25種類から選べます。

本来は、脂肪燃焼にL-カルニチン、筋肉修復周期を早めるHMB、筋肉分解対策とエネルギー補給にBCAA、など成分を確認しながら選ばなければいきませんが、ザバスとウイダーは「減量するために」「引き締めたいカラダのために」と、初心者にもわかりやすい表記になっています。

自分の目的と好みの味、その時々の価格を照らし合わせながら選ぶと良いでしょう。

 

まとめ

 

今回は国産プロテインの中でも高い評価を受けて居るザバスとウイダーのプロテインについて扱ってきました。

一見すると、違いが無いように思いますが、繙いていくとそれぞれの特質が見えてきましたね。

今回、ザバスとウイダーを比較した結果、以下の通りになりました。

 

  • ザバスの魅力はマルチビタミン、特にビタミンCが豊富
  • ウイダーはグルタミンが豊富で、疲労回復トレーニング後のケアに良い
  • 1回あたりのコストはウイダーが安いが、値上がりも激しい
  • ザバスのアクアプロテインは飲みやすさがダントツ
  • ウイダーのプロテインは泡立ちにくい
  • どちらも安心の大手国産お菓子メーカー

 

 

成分を見るとほとんど違いはありませんでしたが、細かなアピールポイントで差が出てきましたね。

どちらも根強い人気がある、高品質のメーカーなので、自分に合ったフレーバーを探して、長年のパートナー(プロテイン)を見つけてください。